メインイメージ

Royal Jelly Commentary Site

ローヤルゼリーのデメリット

ローヤルゼリーが健康食品として登場してからかなりの年月が経っていますが、近年またローヤルゼリーの効果が注目されています。
それは現代に増えてきた、ストレスや自律神経失調症などへの効果です。

ローヤルゼリーには豊富なビタミンとタンパク質の他に、鎮静効果の高い神経伝達物質も多く含んでいることが近年わかってきています。
そんな万能のローヤルゼリーですが、それでもデメリットはあります。
まず一つは、希少性が高いので価格が効果になりがちなこと、もうひとつは生鮮食品と同じような扱いが必要なこと、つまり保存が効かないことです。

ローヤルゼリーはケミカル薬のように、薬効がすぐに出るようなものではないので、ゆっくり長く愛用し、体の免疫力を上げていく食べ物です。
そのため適量を毎日飲むのが望ましく、定期的な出費が必要になります。
また、たいていのローヤルゼリーは生物として、冷蔵庫で保管します。
乾燥ローヤルゼリーや粉末状のロイヤルゼリーなどもありますが、効果は多少なりとも薄れてしまいます。

そして、ローヤルゼリーの栄養素は、お茶やコーヒー、ジュースなどと相性が悪いので、できれはそのまま食べたいところ。

やはり生ローヤルゼリーに越したことはありません。
保存性と価格面、これらがローヤルゼリーを長く愛用する上ではデメリットと言えます。