メインイメージ

Royal Jelly Commentary Site

ニュージーランド産のローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、ミツバチの女王の食べ物ですが、ハチミツでも、ゼリーでもなく、生のローヤルゼリーは甘くありません。
臭いと味に癖があり、独特の酸味があります。
やはり、サプリメントやカプセルで摂るのが手軽ですね。

ローヤルゼリーの産地は、養蜂している各国が作っていますが、日本に輸入されているのは、中国や台湾がほとんどです。
日本メーカーのローヤルゼリー商品は、あえて他製品とのコラボが流行っているようです。
例えば、ローヤルゼリーとゴマや、メカブ、カルシウム、プラセンタ、大豆イソフラボンなどを含む製品とのミックスカプセルやタブレットです。
それぞれの食品の栄養素をうまく補っているようです。
その他に、自然環境が豊かなニュージーランド産のローヤルゼリーがあります。
ニュージーランド産は、ローヤル
ゼリーの主成分の1つ、デセン酸の含有量にこだわりがあるようです。
実際、商品のデセン酸含有量は、未記入や1%未満から10%前後と大きな差があります。

そして、1カプセルに何㎎生ゼリーを配合しているか、生ローヤルゼリー粉末の作製工程や、酵素分解など、各メーカーが技術処理で競っています。

100%に近いピュアなローヤルゼリー商品をお探しの方には、ニュージーランド産、是非お勧めです。
なお、並行輸入品には、英字表記のみで日本語表示がないものもあり、注意が必要です。