メインイメージ

Royal Jelly Commentary Site

ローヤルゼリーは糖尿病にも効く?

糖尿病は、糖質を多量に摂取しながら運動不足の状態にあることを引き金にして起こる“ぜいたく病”といわれる病気です。
先進国に多く見られる病気で、日本でもこの40年の間に患者数は、約3万人から700万人と飛躍的に増加、予備軍と呼ばれるひとたちを含めると、
なんと2000万人にも及ぶといわれています。
この数字を見ると、「聞いたことはあるけれど、まさか自分には関係ない」とは言い切れませんよね。
そもそも、糖尿病は、血液中の血糖の値が異常に高い状態にあることが前提です。

健康な人の身体ならば、こうした異常事態に気付いて、すい臓からすぐにインスリンが分泌され血糖値をコントロールするでしょう。
ところが、すい臓の働きが低下し、インスリンが作り出せない状態にあると血糖値は上がるばかりです。
それが元で様々な症状が引き起こされるのが糖尿病の仕組みなんです。
要は、インスリンという、体内の“特効薬”が「あるか、ないか」なのです。

遺伝的な部分が大きいと昔からいわれてきましたが、飲み過ぎ・食べ過ぎなどでも、すい臓は弱ったりしますので誰にでも罹患する可能性がある病気なんですよね。
このインスリンを作り出す際に必要な栄養分を補う効果があるということで、今、糖尿病の研究者からも注目を集めているのがローヤルゼリーです。
すい臓がインスリンを作る際に使われるビタミンB6、さらに糖分をエネルギーに変えるビタミンB1など、有効なビタミン群を豊富に含んでいるといわれています。
ローヤルゼリーを摂取すれば、こうした有効成分が体内で働き、すい臓がインスリンを作る手助けにをしてくれるというわけです。
そんなローヤルゼリーの味みなさん気になりませんか?
また、ローヤルゼリーの種類も参考にしてください。

糖尿病は、長きに渡る食事制限や、さらに合併症を引き起こすといのちにもかかわるちょっと怖い病気です。
すでに糖尿病で苦しんでいる方も、さらにその兆候にある方も、これ以上の症状の悪化を防ぐためにローヤルゼリーは有効な一つの手立てになるかもしれません。
もちろん、それだけで、病気を防げるわけではありません。
“ぜいたく病”といわれる由縁である過食や運動不足に気を付けて“病”を未然に防ぎましょう。

口コミで大人気のローヤルゼリーについての記事も是非ご覧ください。http://www.taconicresources.net/kukikomi.html