メインイメージ

Royal Jelly Commentary Site

ローヤルゼリーには副作用があるの?

様々な効果があり、たくさんの方が愛用しているローヤルゼリー。
実際に、“若返ったようだ”とか、“元気になった”などという声もたくさん聞けるようです。
今では、健康食品からサプリメントまで多彩な商品が出ていて、愛用者も幅広い世代に広がっています。

そんなローヤルゼリーの副作用ってあるのでしょうか?
なかには服用することで副作用を起こす方もいないとは言い切れないので、使用時は十分に気を付ける必要があります。
とりわけ、アレルギー体質の方は注意が必要です。
たとえば、服用した場合、目のかゆみや鼻水、鼻づまり、せきが出たりといった副作用が起きることもあります。
だからといってローヤルゼリーに危険な成分があるというわけではないのです。
他の食成分や健康食品と同様にこの商品にも副作用が“絶対ない”とは言い切れないだけなのです。

ローヤルゼリーの場合の副作用は、以下のような理由で引き起こされます。
アレルギー体質の方は、そばや卵、乳製品や魚介類など、じぶんの中で苦手とする食材に敏感に身体が反応してしまうものです。
ローヤルゼリーは40種類以上もの有効成分を含むなど、他の健康食品に比べても格別に数多くの成分を含んでいます。

そのため、そうしたアレルギー体質の方が敏感に反応する物質や素材が入っている割合も比較的に高まってしまうんですね。
ですから、アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、アレルギーで過剰な反応が出る恐れのある方の服用には、とくに気を付けねばなりません。
ひどい場合には、じんましんや湿疹、結膜炎や、さらに呼吸困難や胃腸障害にまで至ってしまうこともあります。
もしアレルギー体質の自覚症状がある方は、主治医や専門家に相談するなどしたうえで利用するなどしたほうがよいでしょう。
ローヤルゼリーの安全性についてはこちらをご覧ください。

また、乳幼児のお子様やおなかに赤ちゃんがいるお母さんも服用は控えたほうが賢明です。授乳にも影響する場合があります。
ぜひとも、ローヤルゼリーの豊かな“効き目”を享受したいですが、ちゃんとした成果を得るためには、使用時の自己確認も大切です。
副作用という思わぬ労苦のないよう、適切な使用を心掛けましょう。
ローヤルゼリーの注意点はこちらをご覧ください。